早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

どんながんなのか

病院

前立腺とは、男性だけに存在する臓器になります。何故ならこの臓器の役割を説明すると、生殖に必要である精液を生成する臓器の内のひとつです。位置的には恥骨周辺であり、日常生活では特に注目する事はない臓器です。しかしそんな前立腺であっても、がんに侵されてしまう可能性があります。前立腺がんは正常な働きを前立腺が出来なくなってしまうのです。そして転移の可能性もあり、早期発見早期治療が大切です。前立腺がんでは特に転移が問題視されており、前立腺近くに存在しているリンパ節への転移そして骨への転移が多いとされています。がんの恐ろしい点といえば転移になりますが、前立腺がんは生殖機能だけではなく全身に影響を与えてしまうのです。そんな恐ろしい前立腺がんですが、ちゃんと検査を受けて早期に発見する事ができると、放射線治療といった方法で治療を進め治療していく事が可能です。もちろん再発してしまう方もいますが、無事完治して日常生活を不便なく送る事も可能です。年齢にもよりますが、他のがんの中でも進行速度が遅いとされています。だからこそ治療が間に合うという方も非常に多いのです。何事もがんだからと諦めず、一度医師や家族と相談をして治療に挑み、様子を診てみる事が大切です。がんになってしまったからと、もう死んでしまうと諦めて治療を放置してはなりません。治すためには、自分がどう前立腺がんという病気に立ち向かうかどうかが非常に重要です。

前立腺がんもですが、ほとんどのがんは進行がかなり進んでいる時に気づき、酷くなってしまっている状態時にしか症状が現れません。人によってはがんが初期段階であっても体の不調に気づく人もいます。前立腺がんの場合ですが、がんとは別に前立腺肥大をひき起こします。前立腺肥大の症状は結構分かりやすく、それが原因で病院に赴いた時に、前立腺肥大とは別に前立腺がんの存在を知る事になった方も多いです。もしかしたらその頃には転移という事態が発生しており、骨や肺や肝臓といった部分にがん腫瘍が発見されるかもしれません。がんの進行は転移の可能性を高めてしまいます。もう前立腺がんが発見された時は、転移も進んでいる状態である事も珍しくありません。一番大事であるのは自分の身体の異変にいち早く気がつく事ですが、前立腺がんはそれが難しいのです。しかし前立腺がんとは何か、そして症状など情報を知っておけば早期発見と早期治療に繋がるかもしれません。今はオンラインでいくらでも情報収集が可能です。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。