早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

予防をしていきたい

看護師

転移を防ぐも何も、そうなる前にまずは前立腺がんの予防をしていきたいと考えている方がほとんどでしょう。発症してからでは遅いというのは確かにその通りであり、前立腺がんになるもっと前の段階で予防対策をして行きたいと思うのも当然です。前立腺がんを含め、全てのがんを根本的に予防するという事は不可能です。がん細胞は男性のみならず女性であっても持っている物であるからです。しかし医学が進んでいる現在であっても、完全なる前立腺がん発症の原因は不明とされています。以前は男性ホルモンが影響していると考えられていましたが、それを力説可能である研究結果は出て来ていません。他にも考えられる原因はありますが、そのどれもが確かな結果が出ているという訳ではないです。したがって前立腺がんを完全に防ぐ事は、がん細胞の問題も勿論ありますが不可能に等しいという事になります。しかしやはりここで諦めてはなりません。一般的にがん予防とされるあらゆる方法を試していくなど、地道に行える治療方法は沢山あります。例えば規則正しい生活を送り、適度な運動を行い喫煙を避けるなど、がんを予防出来るとされている行動を意識して行っていけば、がんリスクは防げるかもしれません。まだまだがんは研究が進められていいますので、もしかしたら近い将来効果的な予防方法が見つかるかもしれません。

前立腺がんが発症してしまったら、転移させないように治療していく事が大切です。転移予防策といえば腫瘍摘出しかありません。腫瘍を摘出してしまえば、ひととまずは転移の可能性が大幅に下がったと考えましょう。しかし、がんの腫瘍の中には、検査や目には見えない小さい物も存在しています。それが体内に残ってしまっていると、当然ながら他の臓器に転移してしまいます。だからこそ転移してしまうがん患者は非常に多いのです。転移の予防策は摘出あるのみになりますが、こちらもその予防策で百パーセント転移を無くすという事は不可能です。しかし検査を定期的に行い、自分の身体を知っておけば例え転移していたとしても、早期に発見できますので対処する事が可能です。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。