早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

治療方法について

医者

前立腺がんはほかのがんと比べて、非常に進行が遅いとされています。だからこそ多くの方がステージによって定められている治療を受けて、しっかりと回復へと歩んでいけるのです。早期発見が叶った場合ですが、日常生活の事もあるのでいきなり治療という流れではなく、あえて観察をしていく事もありますが、希望すればちゃんとした治療を即受ける事が可能です。前立腺がんのステージはAからDまで存在しており、自分がどのステージであるかどうかで治療方法は異なります。そしてAからDではなくもっと細かいステージに分ける事も可能ですが、ひとまずAからDの治療方法を覚えておくといいでしょう。ステージAが初期状態の事を指しており、この場合は前述の通り治療を会えて行わないという方法もあります。しかし治療も行えますので、自分がどう前立腺がんと向き合って行くのかが重大となります。今までの生活を崩さない様に今は何もしないでいるのか、それとも転移の事などを考えて早急に治療を行なうのかどうか、全て自分の意思で決定する事が可能です。因みに治療を選択せず、観察を選択した場合を無治療経過観察と言います。

ステージがBになると、基本的に前立腺がん治療でお馴染みの摘出を行なう事になります。前立腺と精嚢を切除する形になりますが、これによって身体に大きな変化が現れてしまいます。だからこそステージAでは観察という選択肢も登場しているのです。患者の年齢によっては、摘出施術は行いません。それほど負担は大きいのです。放射線治療も取り入れられており、摘出だけではなく放射線治療も一緒に行なう事が多いです。摘出ではなく放射線治療のみを受ける前立腺がん患者もいます。そしてステージCやDですが、いよいよ前立腺がんも進行最終段階に進行しており、摘出はせず放射線治療が選択されます。そして同時にホルモン療法も行っていくのです。ホルモン治療で男性ホルモンの動きを抑え、可能な限りがんの進行を抑えます。転移対策などもしっかりと行っていきます。そして転移してしまった所に関しては、骨盤など骨に転移してしまっては完治が大幅に難しくなってしまうのです。治療はホルモン療法と抗がん剤が中心となります。しかし場合によっては放射線治療も行ないますので、転移した箇所によって治療の流れは異なっていきます。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。