早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

胆のうのがん

ドクター

60代に多いがんとして知られているのが胆のうがんです。胆のうとは、肝臓で生成した胆汁を溜めておく臓器です。胆のうは比較的小さな臓器で、かつ目立った初期症状や症状が無いので早期発見が困難とされています。胆のうがんができると、周辺の臓器に転移してしまいやすいと言われています。その原因は、胆のうの小ささです。胆のうが小さいので、がん細胞がこぼれやすく、周辺にあるすい臓や肝臓、十二指腸に転移してしまいます。進行の速度が他のがんと比べて早いという特長もあるので、自覚症状が現れた時にはかなり進行していることも珍しくありません。胆石が発生して、除去する際に偶然見つかることなどもありますが、定期的に検査に行くことが最も重要となります。
胆のうがんの治療方法として主に行われるのが、切除手術、放射線治療、抗がん剤治療です。運よく早期発見することが出来れば、胆のうを切除するだけで治療が完了します。胆のうがんが進行してしまっていると、手術の対応を取らないことも多いです。その理由は、周辺の臓器やリンパ節などを広範囲にわたって切除する必要があるからです。患者は60〜70代の体力が落ちた年齢の方が多いので、体力が持たずに手術中に亡くなってしまうこともあります。切除をしても、進行してしまっている場合は再発率が高いという特長もあります。進行している場合の多くは抗がん剤や放射線治療が行われます。抗がん剤は副作用が大きく、治療に苦痛が伴います。西洋医学的なアプローチの他にも、様々な治療方法があります。東洋医学からがんにアプローチしている医療施設なども多くあります。自分の価値観や、症状に最も合う治療方法を選びましょう。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。