早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

良性と悪性がある

ドクターとナース

日本の死亡率第一位が悪性腫瘍です。

脳腫瘍は悪性のものと、良性のものと半々に分かれます。 良性のものはガンではなく、悪性のものが、ガンということになります。 悪性のものは手術などの治療が必要になりますが、部位によっては大変困難になります。 脳腫瘍は他の臓器へ転移する心配はほとんどありませんが、 他の臓器がガンの場合は脳へ転移する場合があります。 脳腫瘍の約15%は転移性の脳腫瘍で、肺がんや乳がんなどは脳に転移しやすいと言われています。 日本人の死亡率のほとんどが、腫瘍です。 悪性脳腫瘍もその一つです。 悪性腫瘍が多い日本では今後、脳腫瘍での死亡率も高まっていく心配があります。

脳腫瘍の原因と予防は日常生活にあります。

脳腫瘍の原因は先に述べた転移性のものと、もう一つは遺伝子の変異とされていますが、 それ以外は原因不明とされています。 しかし、腫瘍の進行を助長するものは、 過度のストレスや高タンパク食品や高脂肪食品の過剰摂取や喫煙、過度の飲酒などがあげられます。 最近では日本人の食生活は欧米化してきていて、肉食中心なのも要因になります。 また、塩分の取りすぎなども要因になりうると言われています。 どれか一つだけが、原因になるというわけではなく、 様々な要因が複雑に合わさって、腫瘍の原因となるのです。 生活習慣を見直すことで、腫瘍のリスクを軽減でき、健康な毎日を送ることができます。 しかし、万が一体に少しでも不調や違和感を感じるときは、医療機関に早めに受診をし、 早期発見することも大切です。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。