早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

がんの王様

聴診器

がんは決して不治の病ではありません。初期段階で発見すれば、完治して日常生活を取り戻せることがほとんどです。早期発見することが難しい部分のがんなどもありますので、注意して検査に受けに行くと良いでしょう。早期発見は非常に困難と言われているのが、すい臓がんです。発見した頃には進行していることが多く、全身に転移する可能性が高いという悪性の強いがんです。治療が困難なことから、がんの王様と呼ばれることもあります。
すい臓がんの特長としては、自覚症状が殆ど無いという点です。また、他の臓器と比べると非常に小さいので、腫瘍マーカーなどの検査でも発見しにくいです。また、すい臓の周辺には、血管やリンパ管が多くため、転移を引き起こしやすいです。すい臓がんになった際に、転移を引き起こしやすいのは、肝転移、胃転移、腹膜転移などです。それぞれの場所によって治療方法や症状が異なります。肝転移は、肝臓に転移する症状です。肝臓に異常が生じても、自覚症状が少ないので沈黙の臓器と呼ばれています。すい臓がんになってしまった際は、ほとんどが肝転移を引き起こしているので、すぐに検査を行いましょう。
すい臓がから胃転移のする場合と、胃がんからすい臓に転移するパターンも多いです。胃がんにかかった際は、すい臓がんの検査も同時に行いましょう。
すい臓がんになると、腹膜に転移することも多いです。すい臓の下部に位置する腹膜にがん細胞が転移すると、多くの場所に転移してしまうので手術が困難になってしまいます。このように、すい臓がんは非常に転移のリスクが高いがんです。すい臓がん担った場合は、切除手術よりも放射線治療や免疫細胞療法、抗癌剤治療が主に行われるのはこのようなことが理由です。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。