早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

様々ながん

カウンセリング

細胞分裂の際に生じた異常細胞によって起きる病気が、がんです。日本人の三人に一人はがんで命を落としており、国民病とも言われています。がんが他の病気と違う点として挙げられるのが、転移してしまうという点です。がん細胞は血液やリンパの流れに乗って全身に行き届きます。それによって、全身の臓器にがんが転移するリスクが有るのです。がんが発生した臓器の周辺などは特に転移のリスクが高まります。転移する前に早期発見が出来れば、切除手術で完治することができます。しかし、中には早期発見が難しい上に転移しやすいというがんもあります。近年増えているがんや、早期発見が難しく転移のリスクが高いがんを把握しておきましょう。
近年日本人に急増しているがんとして知られているのが、前立線がんです。前立線がんは、男性の生殖器にできるがんです。前立線がんは精のうや隣接する骨、リンパ切に転移しやすいという特徴があります。前立線がん担ってしまった場合は、そのような場所の検査も合わせて行いましょう。
初期症状が比較的わかりやすいがんが、咽頭がんです。鼻の奥から食道の入口付近までを咽頭と言い、この部分にがんができる症状を言います。耳の聞こえが悪くなったり、食事の際に喉に異物感や痛みを感じるといった症状が現れるので、そのような症状が出た際はすぐに検査を行いましょう。
早期発見が困難で悪性が強いがんとして知られるのが、すい臓がんです。血管やリンパ管が近いため、全身に転移しやすいやっかいながんです。転移しやすい場所をしっかり把握して、検査を行いましょう。同じく自覚症状に乏しく進行してしまいがちなのが、胆のうがんです。進行のスピードが大変早いという特徴があります。進行して転移が見られると、手術が困難になります。様々な治療方法がありますので、自分に合った納得できる治療方法を見つけましょう。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。