早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

多い転移とは

相談

がんは発生した箇所によって、どこに転移しやすいかどうかが把握出来るようになっています。前立腺がんの場合、比較的転移しやすい箇所というのは、隣接する臓器と骨そしてリンパ節となっています。もちろんがん細胞は血液で運ばれていけば、肺や肝臓といった部位にも転移はします。進行がどんどん進みステージも上がっていくと、酷い場合は前立腺がんから始まったがんが前身を蝕んでいく事もあります。しかしそれは発見も何もかもが遅れた場合であり、ほとんどの場合は前立腺肥大などで絶対に病院に赴く事になりますので、そこまで酷くなった状態で前立腺がんが発見されるという事は少ないです。まだ治療が間に合う状態で発見という事が多いので、転移も周辺の臓器やリンパ節という前立腺がんでは多い箇所にという事になります。どうあれ定期的に検査を行う事は非常に大事です。転移しないという保障はどこにもありませんので、がんが発見されたらまずは転移の有無を心配するべきです。そして前立腺がんであれば、骨とリンパ節そして精嚢への転移を心配しましょう。医師もその辺りはしっかりと診察しますので大丈夫ですが、意識する事で注意を高める事が出来ます。大事に至らないようにするには意識する事が結構重要です。自分は大丈夫であるという過信は、あらゆる生命の危険を発生する事になります。

骨への転移はがんの中でも結構多発する症状であり、前立腺がんの場合は前立腺と隣接する骨盤への転移が非常に多いです。そして骨盤のみならず背骨は肋骨も含めると、八割の確率で前立腺がんの転移は骨転移であるとされています。他のがんであると骨に転移してしまった場合、もうかなり進行が進んでしまっているとなりますが、前立腺がんの場合は初期的な転移で骨転移が発生しています。骨に転移してしまうと、身体が痺れる麻痺が起こる痛みがあるなど、分かりやすい症状が現れます。そしてリンパ節転移ですが、前立腺がんの場合は骨転移の次に転移率が高いとされています。リンパ節転移の治療はホルモン投与という形で、進行を抑えるなど対策が取られます。精嚢への転移に関しては、前立腺がんがかなり進行しており精嚢にも進行してしまっている場合は、リンパ節への転移同様にホルモンで進行を抑えるという手段が取られます。しかし基本的には前立腺と共に精嚢も共に身体から切除する事になります。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。