早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤とはどんな病気なのでしょうか

下肢静脈瘤は、どのような理由で下肢静脈瘤がひきおこされるのでしょうか。 静脈の中には、静脈弁があり、心臓に血液を戻す働きをしています。 しかし、何らかの理由で下肢の静脈弁が壊れることによって血液が逆流し、その下にある静脈に血液がたまってしまい、その箇所の静脈の壁が太くなる現象が起こります。 この症状が進むと、静脈が蛇行して曲がりくねった状態になり、皮膚の上から見てもふくらんでいることが分かるようになります。 軽度ですと症状がない場合もありますが、悪化してくると足のだるさや、腫れ、かゆみ、痛み、色素沈着などの症状が出ることがあります。

いくつかの効果的な治療方法

下肢静脈瘤は、妊娠・出産や肥満なども原因になることもあります。軽度であれば美容上の問題だけですが、症状が進んでくると、血栓ができたり、感染や炎症が起こることもあり、治療が必要です。 基本的に軽度の場合は、圧のかかったストッキングをはく圧迫療法で行います。ただ、この治療法は下肢静脈瘤を消滅させることは難しく、悪化予防や再発予防目的であることが多いようです。 症状が強い場合は、薬剤を使って静脈を閉じる硬化療法や、瘤になっている静脈を引き抜く手術などで対処します。 また、最近では、レーザーでの治療も行われるようになりました。 下肢静脈瘤は適切な治療をすれば怖い病気ではありません。 もし気になったら、まずは診察を受けてみることをおすすめします。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。