早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

喉のがん

ハート

がんは細胞分裂を行っている全ての部分で発症するリスクが有る病気です。つまり、体のどこにでも可能性がある病気なのです。生活習慣や、体質によってどこにがんが出来るかは異なります。細胞分裂が活発に行われる場所に発症する可能性があるので、よく喋るような喉を酷使する職業の人は咽頭がんになるリスクが高いです。
咽頭がんとは、咽頭に出来るがんのことです。咽頭という部分は普段あまり聞き慣れない部分ですが、鼻の奥から食道の入口付近までのことを指します。この部分に異常を感じた場合は、すぐに耳鼻咽喉科で検査してもらいましょう。咽頭がんのサインとなる症状があるので、把握しておきましょう。まず表れるのが、難聴です。音の聞こえが悪くなったり、片耳に何かが詰まっているような異物感があれば、咽頭がんの可能性があります。また、喉に違和感や異物感を感じている場合も咽頭がんを疑いましょう。食事の際にもサインが出ます。食べ物を飲み込んで痛みを感じたりしみたりする際や、食べ物が飲み込みづらいといったサインが出ます。また、声がかすれてなかなか治らないということも症状の1つです。喉から風邪が来る方は、油断して発見が遅くなる可能性があるので注意が必要です。
このような症状が出た場合は、検査を行いましょう。耳鼻咽喉科では、咽頭を全体的に検査して貰うことができます。咽頭と一口に言っても、上咽頭・中咽頭・下咽頭がんの3つに別れます。ファイバースコープやMRI、CTといった専門の医療設備が必要になります。また、咽頭がんが見つかった場合は、食道がんや胃がんが併発している可能性が高いので、胃カメラによる検査も一緒に行うと良いでしょう。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。