早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍の概要とその症状

聴神経腫瘍は突然できる腫瘍ではなく、通常は年単位で少しずつ育っていくものです。両方にできる聴神経腫瘍は稀で、殆どが片耳にできるのが特徴といえます。 聴神経腫瘍ができると、少しずつ時間をかけながら神経や血管を圧迫し始めます。ある程度の大きさに育つと、その場所に応じて様々な症状が現れます。主な症状は、めまい、ふらつき、聴力の低下です。脳が圧迫されだすと、嚥下困難や顔面麻痺などが起きることもあります。そして聴神経腫瘍は遺伝的要因も無視できない病気です。家族に聴神経腫瘍にかかったことがある方がいる場合は、特に注意しましょう。

治療法について考える

聴神経腫瘍は医師の指示で経過観察をすることがあります。なぜかというと少しずつ年月を経るうちに、腫瘍がだんだん小さくなる場合があるためです。しかし待っているうちに腫瘍が大きくなることもありますし、腫瘍の病理組織をきちんと確かめたい場合もあります。色々な角度から検討し、自然治癒が見込めない場合や取り除いたほうがいいと判断すれば、治療に踏み切ることがあります。 治療法には外科手術と定位放射線治療の2つが考えられますが、このうち外科手術は難しい手術になりがちです。腫瘍は大きい場合は外科手術になる場合がありますが、できるだけ手術経験の豊富な医師を選びましょう。定位放射線治療は顔面麻痺を出しにくい治療法といわれていて、外科手術と併用することもあります。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。