早めの検診で病気を早期発見早期改善しよう

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

詳しく見る

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

詳しく見る

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

詳しく見る

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。

詳しく見る

喉のがん

ハート

声をよく使う職業の人に多いのが、咽頭がんです。咽頭がんにかかった際は、初期症状が表れます。その段階で発見できれば、命が助かる確立が高まります。どのような初期症状があるかを知っておきましょう。

詳しく見る

がんの王様

聴診器

自覚症状に乏しい上に発見するのが大変難しく、転移する可能性が高いのがすい臓がんです。悪性が強いことから、がんの王様とも言われています。転移しやすい場所などを把握して、同時に検査と治療を行いましょう。

詳しく見る

胆のうのがん

ドクター

年齢を重ねて増えてくるのが、胆のうがんです。自覚症状に乏しく早期発見が難しいので、定期的に検査を行いましょう。進行していると手術も難しいので、自分が納得できる治療方法を探すことが大切です。

詳しく見る

どんながんなのか

病院

前立腺がんは男性特有のがんであり、発症してしまうと前立腺肥大も引き起こし生殖機能低下へと歩む事になります。早期発見早期治療が大切であり、治す事も転移を防ぐ事も可能です。

詳しく見る

予防をしていきたい

看護師

何事も予防出来れば何も苦労はありません。しかし前立腺がんを含めるがんには完全なる予防策は存在しておらず、転移に関してもそれは同じです。しかし出来る事から地道に行っていけばいいのです。

詳しく見る

多い転移とは

相談

前立腺がんを発症させてしまった場合、転移先として多いのが骨やリンパ節そして精嚢となります。それぞれに治療方法が存在しており、そして発症しやすい確率も決まっています。

詳しく見る

治療方法について

医者

前立腺がんも当然ながら、病状はステージ毎に分けられておりそれによって治療方法も随分と異なっていきます。転移した所に関しても、骨であると治療が難しくなりますので、基本的にはあらゆる治療方法を合わせて行われます。

詳しく見る

乳がん検診をする

女医

検診の受け方によって費用は異なります

乳がん検診にかかる費用は、検診を受ける方の年齢によっても変わってきます。20代や30代など若い年齢の方の場合には、通常自己負担での検診となることが多く費用はある程度かかります。一方40代になると自治体の補助が受けられることもあり、費用の負担は減る傾向があるのです。こういった費用の補助は、乳がんのリスクが高まる年齢に達した場合に受けられることが多いのです。自治体主催の検診は医療機関でも受診出来ますが、予め病院が指定されていることが多いと言えます。他の医療機関で検診を受ける場合には、全額自己負担となる場合もあるのです。何らかの自覚症状がある場合などには、乳がん検診にも一般の健康保険が使えます。こうした場合はエコー、マンモグラフィ共に数千円の負担で行なうことが出来るのです。

罹患率の増加と共に乳がん検診が啓発されるようになったのです

芸能人を起用したキャンペーンなども各地で開かれるようになり、若い世代から乳がん検診を積極的に受けることが推奨されつつあるのです。これまでがんは、中高年世代の病気というイメージがありましたが、現在ではそういった認識が少しずつ覆されています。そのため、若い世代の乳がん検診で有効とされるエコー検査を行う医療機関も増えているのです。乳房を広く観察出来るマンモグラフィが登場したことで、乳がん検診の精度は近年遥かに向上しました。

PICK UP

病気を改善する

医者

下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか。 下肢静脈瘤とは、血行の滞りのせいで下肢の静脈が拡張することによっておこる様々な症状のことです。 下肢静脈瘤は、高齢の方、立ち仕事が多い職業の方に多いとされています。

耳にできる

ナース

聴神経腫瘍とは、内耳神経にできる良性の腫瘍のことです。内耳神経は主に前庭神経と蝸牛神経から成り、平衡感覚と聴覚に関する情報を脳に伝える役割を持っています。聴神経腫瘍が発生したら聴力が低下します。

良性と悪性がある

ドクターとナース

脳腫瘍とは頭蓋内の組織に発生する新生物のことです。 脳腫瘍の発生は頭蓋内のすべてにおける部位に可能性があるため、 硬膜、くも膜、血管、末梢神経など多岐に渡ります。

様々ながん

カウンセリング

がんと一口に言っても様々な種類のがんがあります。近年増えているのが前立線がんです。注意して検査を受けましょう。咽頭がんのようなわかりやすい初期症状が無く早期発見が難しいすい臓がんや、胆のうがんは特に注意が必要です。